SCHOOL GUIDE > 料理 > 【お腹もココロも満たされる!】甘い誘惑に負けていいんです!ケーキ講座に行ったキッカケは?

【お腹もココロも満たされる!】甘い誘惑に負けていいんです!ケーキ講座に行ったキッカケは?

この記事は約 4 分で読めます
[掲載日]2017/12/28
ケーキ

スイーツ女子に向こう張って、スイーツ男子という言葉もあるくらい、甘いものの魅力に取り付かれている人は多いものです。

話題のお店をチェックして、食べ歩きするのもいいですが、いっそうのこと自分で作ってみたいと思ったこと、ありませんか?
やり方を覚えると誰かに食べてもらいたくなります。
自分で作ったお菓子を誰かにあげることで、人の輪が広がることもよくあることです。

趣味が高じて、住宅街で知る人ぞ知るケーキ屋さんを開いている人の話もよく聞きますよね。


そんな開業も夢じゃない、ケーキ教室のいろいろ、まとめてみました。

ケーキ作りレッスンを習い始める人の動機・気になる費用・体験談をご紹介!

ケーキ

はじめる動機

近所の教室の看板を見て

近所にクックパッドの教室があって、どんな教室かネットで知らべたら、なかなか面白そうだったので。
あと、近場で出来るところが魅力でした。

お友達が習い始めたから

会社の休み時間に、同僚がケーキ教室で作ったお菓子を持ってきました。
プロの仕上がりのようにすばらしいもので、それに感化され始めました。

自分で納得のできる材料で、子供のためにケーキを作りたかったから

子供たちに甘いものを食べさせる以上、何でできているかわかないものでなく、自分が納得のいく確かな材料で作ってあげたいと思ったから。
甘いものばかり食べていてはいけませんが、たまの甘いものを食べたときに子供の笑顔が見たくて、おいしいものが作りたくて、プロに習おうと思いました。

そもそもケーキが大好き

スイーツは、食べ歩くほど好きなので、いっそうのこと自分でも作ってしまおうと始めました。

パティシエ講座

探し方

ネットで

なかなかそこらへんにあるものではないので、ネットが頼りでした。

費用

レッスン代プラス、材料費がかかるので、それほど安いという感じはしません。
5000円前後です。

経験談

教室に漂う甘い香りに、毎回悩殺されます(笑)

スポンジを焼いているときに漂ってくるあの甘いにおいに、毎回幸せな気分になります。
終わった後に自分の口に入るときは、まさに至福のときです。

うちでもよくケーキを焼くようになった

教室で習ったことを思い出したいことと、家族にも食べさせてあげたいという(自分も食べたいのですが)気持ちで、うちでもケーキをよく焼くようになりました。

トリビア

プロのパティシエが開いている料理教室もある。

どうしてもスクールと思ってしまいがちですが、プロフェッショナルのパティシエ自身が開いているケーキの教室もあります。
こちらは少人数ですのでアットホームに習いたいというかたには、お勧めです。

子供向けの教室もある

大人の習い事としてだけでなく、子供向けの教室もあります。
夏休みには、パンのペン立てなどを作ってくれて、夏休みの自由研究はそれでばっちり!なんて、お母さんにはありがたいレッスン内容のあるお教室も。
キッチンにたつことに抵抗がなくなり、ケーキ作りだけでなく、お料理のほうにも興味が出てくることも多いそうです。

免許状が取得できる教室もある

大手の教室では、免許制を取っていて、規定の過程を終了すると自宅でケーキ教室を開いたり、教室の講師になれるシステムもあります。

ネットだけでは、わからない!「五感」をフル活用して習うケーキ作り教室

ケーキ作りは、本を見てやっても「卵白が角が立つまであわ立てる」など感覚的な表記があっても、実際どんな感じまでやればいいか?がわかるまで、失敗をしながらたどり着く感じです。
最近は、動画サイトで作り方を見ることもできますが、やはり目と手と匂い、音や手触りなどの五感で感じて得られる情報とは雲泥の差です。

その違いは、体験に行くとすぐに分かります。
実際に目の前でやっていることの情報量には、どんなメディアもかないません。

まずは無料体験や、500円で出来るレッスン、もしくは一日体験コースがあるスクールもあります。

「こんな感じのキッチンはイメージと違う」
「先生がちょっと微妙」
ということは、行ってみないとわかりません。

逆に
「レッスンで一緒だった人と仲良くなれた」
「教室のあるところが駅の目の前で、雨が降ってもかさがなくても大丈夫」
などいいところに気がつけるのも実際に行ってみてわかること。
長短どちらもあると思いますので、まずは一回実際に行ってみてみることをお勧めします。

実際に口に入れるものを作るのですから、生理的に受け付けないと、もうアウトです。
その人その人によって基準が違うでしょうから、自分のフィルターを信じて相性を考えるのが一番です。

食べることは生きることの基本です。
ケーキはその食べることをさらに豊かにしてくれるアイテムです。
せっかくの人生、楽しんじゃった者がちです。
ケーキ好きのあなた、まずは体験から試してみてはいかがでしょうか?