SCHOOL GUIDE > 語学 > 得られるのはメリットばかり!英語を習ってチャンスを増やそう!

得られるのはメリットばかり!英語を習ってチャンスを増やそう!

この記事は約 4 分で読めます
[掲載日]2017/11/27

自分のスキルアップや子どもの習い事としても、まず最初に思い浮かぶという人が多いのが英語教室。

「でも学生時代、苦手だったからな……」「子どもの意思じゃないのに習わせるのは親のエゴかな?」
と悩んではいませんか?

定番の習い事とはいえ、始める前には不安がいっぱい。
だからこそ始める前に、英語を習うとどんなメリットがあるのか知ってみませんか?

英語を習うといいこといっぱい!

議論
言わずもがなこれからの時代、英語ができて当然だという社会になってきます。
そのため年齢を問わず、英語を始めようと思っている方は大変多いです。

英語を習得することで、

・得られる情報がとても多くなる
・ビジネスチャンスが増える
・選択肢が増える
・多様性を受け入れることができる

という、大きく分けて4つのメリットがあります。

情報の取得の多さ

昨今は情報収集の手段として、インターネットが主流となってきました。

その中で、日本語で得られる情報は5%ほどだと言われています。
では英語はどうでしょうか?

英語で得られる情報はなんと55%。
日本語のみの5%の情報だけでも多く感じるのに、55%ともなると「物知り」の一言では表わせられないですよね。

また、得られる情報が多いということは、様々な考えを知ることができるということ。
自分と同じ意見もあれば、違った見解も知れるということです。
そのため、多様性を受け入れ、視野を広げることができます。

ビジネスチャンスを自ら増やす

英語が堪能だと、周りから頼られることが増えます。

たとえば仕事中、英語で電話がかかってきても、わからなければ「英語ができる人はいますか⁈」と急いで誰かに代わってもらおうと思いますよね。

その電話が新しい仕事のチャンスだったら……悔しいですよね。

さらに英語ができることで交友関係も広がります。
交友関係が広がれば私生活が充実するだけでなく、そこから新たな仕事が舞い込むチャンスだってあるのです。

選択肢をひとつでも増やす

前項にも通じるものがありますが、英語ができると将来的な選択肢を増やすことができます。

たとえば英語で得た情報を日本語に訳して発信したり、その逆で、日本の情報を英語に訳して世界に発信することもできます。
それをライターとして紙面やインターネット上の記事として発信することもできれば、通訳者としての仕事もできるのです。

「日本語を英語にし、英語を日本語にする」というだけで、まずはこの2つの職業が選択肢に入るのです。

メリットは他にも

英語を話すことができれば、海外のことに興味を持ちますよね。
そうして海外に行ってみたとき、多くの人が外国の文化に興味を持ちます。

これは視野を広げるだけでなく、多様性を受け入れるということにも繋がっています。

また、英語を話して外国人の友人ができれば、日本のことを聞かれることも多いようです。
現在でも、「外国人の友だちに日本の文化について聞かれたけど、よく考えたら日本人なのに日本文化のことをまったく知らなくて何も話せなかった」という人は少なくありません。

英語を通して外国だけでなく、日本の文化にも興味を持つ人が多いのです。

子どもに「習わせる」のは親のエゴか?

悩むママ
英語に限ったことではありませんが、「子どもに英語を習わせるのは親のエゴではないか」と悩む親御さんもたくさんいらっしゃいます。

大人だって「やらされる」ことに対して興味を持てなければ、やる気がでなくて熱心に取り組むことはできませんよね。
いろんなことに興味を持つ子どもなら尚のこと、「親にやらされている」状態では身につきません。

ではどうやって自分から興味を持たせればいいのか?

案外単純なもので、子どもが興味を持っていることに繋げればいいのです。
たとえばマンガ好きの子なら英語のマンガを渡してみたり……と、それだけで興味を持ってくれる子は多いのです。

まだ自我もないくらい小さな子どもであれば、「パパやママも楽しく参加してみましょう!」というような体験教室を開催している教室がたくさんあります。
まずはそういった体験などに参加し、同世代のお友だちを増やすことで、子どもも親も続けやすい環境が出来上がります。

とにかく小さな子どもは「パパやママが楽しそう!」ということに敏感です。
それがいつしか「今やってることって楽しいんだ!」と思うようになり、英語に興味を持ちだします。

まずは「楽しいこと」があれば、子どもは楽しんで学んでくれるのです。

お金はどれくらいかかる?

今回は子どもの英語教室で調べてみました。

地域のホールなどで開催されている英語教室であれば、

・入会金 1,000円
・月謝 3,000円

が相場です。

有名な英語教室になると、

・入会金10,000円~
・月謝 15,000円~

がお手頃価格で、高いところだと月謝が30,000円というところもあります。

どちらも別途教材費がかかる場合もあります。

語学で将来的な選択肢を増やしたいなら

英語教室
現在英語が苦手という人でも、多くの人が初めて英語を習ったときは
「楽しい!」と思ったはず。

途中で文法や受験などでつまづいて苦手意識を持ってしまっただけで、
もう一度やってみたら「やっぱり楽しい!」と思う人が少なくありません。

まずは体験キャンペーンに友だちや親子で参加してみてはいかがでしょうか!