SCHOOL GUIDE > 料理 > 「習うより慣れよ」はもう古い⁈今こそ料理教室に通うべき魅力って?

「習うより慣れよ」はもう古い⁈今こそ料理教室に通うべき魅力って?

この記事は約 4 分で読めます
[掲載日]2017/11/23
料理教室

我々のおばあちゃん世代になると、「今日は肉じゃがを作って!」なんて突然言われても、すごくおいしい肉じゃがをいとも簡単に作ってしまいますよね。

しかし、いざ私たちが「今日はアレ作ってよ!」なんてリクエストされたら……
あなたはすぐに取り掛かることができますか?

まずはレシピ本やレシピサイトから、レシピを探し出し、今度は材料を買ってきて、
何度も工程を確認しながら“レシピ通り”作ったはずなのに……
「なんだかおいしくない……」だとか「前に作ってくれたときと味が違うね」なんて言われたことはありませんか?

じつは昨今、料理教室に通う人が年々増加しています。
今回はそんな料理教室についてご紹介いたします!

「料理は習うもの」?

料理失敗
「料理を習う」というと、おそらく多くの方が「料理は習うものではなく、慣れるものだ!」と怪訝な顔をされるかと思います。
それでも世の中に料理教室ってたくさんありますよね。

もし近所に中を覗ける料理教室があれば、通りすがりに見てみてください。
通っている方の中には、もちろん花嫁修業として通っていらっしゃる方もいますが
じつは何十年と主婦をしていて、料理もかなり上手な方も少なくありません。

料理が上手なのに、料理教室に通う。
なんだかちょっと矛盾を感じますよね。

では料理教室に通う魅力とは何なのでしょうか?

料理教室に通う魅力

料理レッスン中
レシピ本やレシピサイトを見たときに、疑問に思う点があったりしませんか?
料理をすることに慣れている人なら「そんなことないけど」と思うかもしれませんが、
料理をしたことがない人、料理をすることに慣れていない人だと「疑問点だらけなんだけど!」と目を回している方も多いはず。

本やサイトは、要点しか書かれておらず、基礎基本のことなら「知ってるでしょ」という体で説明を省略されることが一般的。

たとえば「オクラは塩もみしてね」という工程があったとして、
料理に慣れている人ならそれが産毛を取るためだとわかりますが、
料理初心者ならば「塩もみってどうやるの?」と、やり方もわからなければ何のためにするのか見当もつかないのです。

しかし料理教室なら、基本のキの字から丁寧に教えてくれます。

「なぜこの工程が必要なのか?」「やり方はどうなのか」を、聞けばすぐに教えてくれるのです。
本やサイトであれば、こうはいきません。

他にも実際に作り方を教えてもらったり、作ってみることで気づける点があったり、
作ったものをみんなで食べたり……というのも魅力のひとつです。

きっかけはなんだったの?

料理に挑戦
魅力を知ったところで、今度は料理教室に通うきっかけはなんだったのでしょうか。

「料理ができるようになりたい!」
もちろんこれが一番多い理由です。

コンビニにあるお弁当やデパ地下のお惣菜、どれもおいしくて、特に最近では健康に着目したものも増えています。
もしかして自分で作るより栄養バランスが整っているかも? と思うようなメニューも多いですよね。

そんな中で「これを自分でも作ってみたい!」と思っている方が増えているのです。
また、不景気による節約思考で、家でもおいしいものが食べたい、料理のレパートリーを増やしたいという理由もあります。

他にも『料理ができる男性はモテる!』といった理由で男性も増えていますし、
食育の観点や、家族以外から自宅ではない場所で習うことで自立心や緊張感を養うということで子どもに習わせるという親も増えています。
子どもが料理を習うことで、「誰かのために作る・残さず食べる」ことの大切さも学ぶことができますよ。

また、料理教室に限りませんが、教室に通うことで友だちを増やしたい、
料理が趣味だから、趣味の合う人と話したいという人が習い始めることも、最近では少なくありません。

レッスン料はどれくらい?

料理教室のジャンルや教室の規模(個人・全国区)にもよりますが、おおよそ5000円/月 前後が相場です。

入会金、施設利用料や材料費、レシピ利用料が含まれているのかいないのかは料理教室によるので、
気になる教室があればあらかじめ調べておきましょう。

ちなみに、全国にクッキングスタジオを設けているABCクッキングスタジオでは
入会金12,000円、クッキングコース月謝制で月々5,200円(月一回)、
これにはレッスン料・材料費・レシピ料金が含まれています。
ABCクッキングスタジオ内でも、コースなどによってだいぶ料金が変わるので、事前調査を怠ってはいけません。

料理教室に通えば、海外の料理やお菓子だって習える!

ひとくちに「料理教室」という括りでご紹介しましたが、じつはいろんなジャンルの教室があります。

一般的な家庭料理や、フランスやイタリアなどのメジャーな国やモロッコなどのちょっとマイナーな国などのさまざまな外国の料理、お菓子やパン、薬膳料理や食育をメインに教えているところなど……。

自宅からの通いやすさなども大事ですが、料理のジャンルで決めてみるのもおもしろいかも?
まずはお試しレッスンに行ってみるのもオススメです。