SCHOOL GUIDE > まとめ記事 > 【習い事でお悩み中のパパママ必見!】10年後に子供に「やってて良かった」と言われる習い事って?

【習い事でお悩み中のパパママ必見!】10年後に子供に「やってて良かった」と言われる習い事って?

この記事は約 14 分で読めます
[掲載日]2017/11/26
子供

「自分の子供には、豊かで楽しい人生を歩んでほしい・・・。」
どんな親でもそう思います。
その楽しい人生のために、得意なことを身につけるために、あわよくば将来の食い扶持のために、物心ついたころから子供にやらせたくなるのが「習い事」。

同じ保育園・幼稚園、児童館で一緒のお友達が「うちの子、習い事を始めたんです」と聞けば「ウチも何やらせたほうがいいのかしら?」と右往左往します。
どの親だって、最初はパパママ初心者で、分からないことだらけです。

ピアノや水泳などは、いつも不動の1位の習い事です。
それには「理由」があります。

自分が子供のころ習っていた習い事。
同じものを習わせて、子供にも楽しい思いをしてほしいという理由もあるでしょう。

もう少し視野を広げてみると、昨今ではパパママが子供の頃に無かった思いもよらない、新しいジャンルの習い事も登場しています。

また、中学校に入ってからの部活動や体育の授業を見据えて、アドバンテージを取らせておいてあげたいという親心もはたらいてしまいます。

どんな習い事があるのか?
一緒に見ていってみましょう。

音楽系

ピアノ
音楽系の習い事といえば、ピアノが定番です。
その下地として、リトミックというリズムにあわせて体を動かすといったようなものもあります。
その他、打楽器やら管楽器やらとよりどりみどりです。

1. ピアノ

今も昔も子供の習い事不動のトップのピアノ。
それには訳があります。

楽譜を読む→それをなるべく速いスピードで理解する→10本の指と足に指令を出す→自分の思った音になっているかどうか確かめる

ということを一瞬でなします、そしてそれが連続していく究極の脳トレです。
右脳も左脳の鍛えられます。
また、すぐに譜面が読める訳でもなく、すぐにピアノガ弾ける訳でもなく、一曲仕上げることは根気と我慢が必要です。
楽譜を読めるようになるという音楽の基礎をつむのには、ピアノが一番適しているといえるでしょう。
自分で譜面を詠んで聞けるようになれば、一生の楽しみを得たということが出来ます。
水谷音楽・学習塾 名古屋北校

2. 太鼓

運動会や地域のお祭りなどで叩く機会のある太鼓。
日本人の魂に、無条件に響く音です。
太鼓も、ただ叩けばいいというわけではありません。
奥義があるのです。
それを知るだけで、音色が変わってきます。
未来太鼓道場

3.ボイストレーニング

ボイストレーニングの技術を身につけておいて得するのは、歌だけではありません。
人前で話す時の発声の基礎的なことを学ぶので、それは間違いなく一生の財産になります。
ボイストレーニング・スタジオ センス&ボイス 名古屋校

4. 三味線

子供の津軽三味線の大会を見たことがありますか?
大人が弾いていてもかっこいいですが、子供が出来るともっとかっこよいです!
ギターと違ってフレットがないので、早いうちからはじめると音感がつきます。
生田流牡丹会 琴・三味線 津田沼教室

5. フルート

吹奏楽部では、トランペットと並んで人気のフルート。
その吹いている立ち姿が素敵なので、特に女子に人気です!
また、吹く息の量が管楽器の中ではかなり多いほうなので、肺活量も増えます。
宮地楽器MUSIC JOY 渋谷

6. パーカッション

パーカッションと一口に言っても、ボンゴ、コンガ、ギロ、カバサなど本当に多種多様です。
太鼓同様、コツがあり、それを知っていると知っていないでは音がぜんぜん違ってきます。
打楽器は、動物の本能的に火をつける楽器です。
思わぬ我が子の才能にも、火がついちゃうかも知れません。
三沢打楽器塾

7. ハンドベル

各音階のベルを持って、音符に沿って各自が鳴らしていくのがハンドベルです。
とても素敵な鐘の音がします。
ハンドベルのサークルもありますが、プロに習ったほうが上達は間違いなく早いです。
パンテサロン音楽教室

8. トランペット

トランペットは、吹奏楽部で金管楽器の最も目立つパートです。
早いうちから習うと、アドバンテージが取れます。
最初が肝心で、独学よりも最初に先生に習っておいたほうが、あとが無理なく続けられます。
プレスト音楽教室

9. バイオリン

誰もが一度は憧れるバイオリン。
案ずるより産むが易し。
まずは、教室の無料レッスンで一度触ってみてください。
未来の葉加瀬太郎を目指してみてはいかがでしょうか?
Jun Tomonoヴァイオリン教室

9. よこ笛

笛は、古き良き日本の響きがします。
シンプルな構造なので、音も素朴です。
地域のお祭りのお囃子などで、大活躍することも出来ます。
この笛を海外で吹けたら、間違いなく大注目されます!
みずほ横笛教室

10. エレクトーン

エレクトーンは、一台でメロディー・和音・リズムを繰り出せるオーケストラのようなものです。
ヤマハはでグレード制度があります。(1~13級)
水谷音楽・学習塾 名古屋北校

11. サックス

「本当に吹きたかったのは、子供に習わせいてるお父さんがだった・・・」ということがよくあるのが、このサックスです。
家族で音を奏でるのはとても楽しいですよ。
ぜひ一緒にレッスンを受けてみてください!
Fit’s Music School 京都校

12. ドラム

学校の授業でドラムを導入しているところもあります。
手足別々に動かすドラム、早くからはじめるとスムースにできます。
グルーバズドラムクスール

13. ボーカル

音楽での花形、ボーカルのレッスンを受けておくと、友達とカラオケに行ったときに憧れのまなざしで見られます。
シーズボーカルスクール中野校(ジャズ、ボサノバ、ポップス)

14. リトミック

ピアノの前に、リトミックをやる大手音楽教室もあるほど、リズムや音を感じる感受は大事です。
ピアノのように座ってやるものではなく、体を動かすので想像力や社交性を養えます。音楽の最初の一歩に最適です。
Canaria Music Studio 新宿高田馬場本校

運動系

スイミング

15. スイミング

スイミングの技術がつくことはもとより、体が強くいなる、社会性・協調性がはぐくまれるというメリットもあり、一石二鳥以上の効果があるおいしい習い事です。
学校の水泳の授業でも、注目されること間違いなしです。
呼吸器が鍛えられるので、いまではぜんそくの子が進んでやるケースもあります。

初期費用が比較的安めなところも、パパママにはありがたいところです。

OSKスポーツクラブ 岡山ジュニア

16. テニス

錦織君から始まった第三次テニスブーム。年取ってからもできるスポーツとして、中学高校の部活の下地として、いい習い事です。
テニスコミュニケーション 神戸

17. 合気道

実は、とてもいい姿勢が身につくのをご存知ですか?
姿勢を保つ筋肉を子供のうちに鍛えておくことは一生の宝になります。
合気道清心館 上諏訪教室

18. 社交ダンス

どうしても年配の人がやるものというイメージの付きまとう社交ダンスですが、子供たちの大会もあるほど実は盛んです。
衣装もさることながら、姿勢がよくなり背筋がしゃんと伸びるようになります。
DANCE STUDIO CASINO

19. フラダンス

少しひざを曲げながら体を動かすので、実はかなりの運動量になるのです。
ハワイに遊びに行ったとき、子供がフラをを踊れて注目の的になったなんて話もあります。
ケ・アロハ 菊田くみ子 フラスタジオ新丸子駅前スタジオ

20. 居合

剣道のように実際に交わって戦うのではなく、刀の抜き差しをしてその型を競うものです。
男の子はイチコロかも?
大阪修武会平野支部

21. バレエ

古今東西、バレエは女の子の習い事NO1です。
かわいい衣装の魅力もさることながら、背筋をきちんと伸ばせる筋肉をつけることは間違いなく一生の財産になります。
東京バレエスタジオ 西新宿校

22. タップダンス

アメリカでは、とてもポピュラーなダンスであるタップダンス。
これができたら間違いなく注目の的です。
リズム感も養えます。
マリアートスタジオ

23. カンフー

中国を起源とする武術で、日本ではブルース・リーやジャッキー・チェンでおなじみですね。
ヌンチャクを使ったレッスンもあるそうです。
男の子は楽しくてしょうがないこと請け合いです!
パパも一緒にやってみてはいかがでしょう?(むしろパパの方が熱が入っちゃうかもしれませんね)
東京カンフースクール

24. パデル

パデルって聞いたことありますか?
パデルは、まだまだ日本では馴染みのないスポーツですが、テニスに似ています。
強化ガラスに囲まれたコートで、跳ね返ったきたボールを打ってもOKなので、ラリーが続きやすいのが特徴です。
ソラナパデルスクール

25. サッカー

いまや、野球を抜いてサッカーをやっている男の子が多数派です。
小学校に入る前から始めている子も多数います。
ちなみに結構女の子も習っている子、多いんですよ。
ずっと走っているので、体力がつき、さらには、チームプレイの精神を学ぶことも出来ます。
キッズげんきクラブ

26. 卓球

卓球は、以前は根暗なスポーツというイメージがありました。
が、昨今のブームでとても盛り上がり、イメージもかなりアップしています。
中学の部活出始めた時点でうまかったら注目の的になること間違いなし!
もちろん、温泉でも注目されること請け合いです。
レッツ卓球クラブ

27. 空手

礼儀などもあわせて学べますので、いまどきの子供にとってはとても有意義な習い事です。
空手道拳道会 新宮校 そぴあしんぐう

28. キックボクシング

けんかに強くなることが目的ではなく、勝ち負けを繰り返すことで気持ちが強くなります。
体力の向上にもつながります。
また、試合では礼儀も謙虚な心も身につくのです。
エンジョイファイティング 湊道場

29. 少林寺拳法

少林寺拳法は、人作りの「行」なのです。
自分の身心を養い、他人を思う教え、皆で高めあう技法、教えと技法を相乗的に学びます。

金剛禅総本山少林寺 大阪北道院

30. 殺陣

殺陣(たて)とはよく時代劇でチャンバラをやるアレです。
これはできたら、絶対にクラスの注目の的です。
実は今、結構はやっている習い事のひとつです。
また、これからの国際化社会、海外に行ったときにできたら大注目でしょう。
高瀬道場 府中

31. ゴルフ

グリップの握り方から、スイングと少しずつ教えてもらいます。
子供のサイズのゴルフクラブもあります。
パパやママ、ジイジやバアバと一緒にラウンドに一緒に出られたらそれはそれは楽しいでしょう!
将来は、石川遼みたいなプロになれたらいいなと思うとワクワクしますね!
一攫千金も夢でないかもしれません!?
ゴルフ倶楽部大樹 瀬戸

32. 乗馬

人間と犬は上下関係がありますが、人間と馬は対等なのです。
そんな馬との関係を学べるのも、乗馬のいいところです。
ARC空港乗馬倶楽部

33. 柔道

武道全般に関して言えることですが、礼儀作法が身につきます。
受け身も身につき、転んだときの怪我予防にもなります。
初段の昇段審査に合格すれば、あの黒帯を締めることも出来ます。
合気道清心館 下諏訪教室

34. 体操教室

体が柔らかくなることは、怪我防止に効果的です。
小学校に入ってからのマット運動などの体育の授業にも役に立ちます。
神楽坂ゆる体操教室 神楽坂スタジオ

35. ダンス

今、中学校の体育で取り入れられているダンス。
先生でも踊れないので、見本でやってくれと言われることもあります。
いわゆるヒップホップやブレイクダンスのようなものをやるんですよ。
踊れると間違いなく異性からもてます!
もちろん体育の成績も上がります。
ダンススペース VIB 千種・車道スタジオ

趣味系

デザイン
なかなかすぐに成果の出ない習い事もあります。
でも、後からじわじわ(中学校や高校になって)その経験が活かされる時が来るのも、このジャンルの習い事の特徴です。
集中力や、よい姿勢、礼儀をわきまえられるようになるものも数多くあります。

36. イラスト

うまいイラストが描けると、クラスの子の羨望の的になること間違いなし!(特に女の子の間では)
文化祭などの行事のポスターや冊子の表紙など、絵がうまいと活躍する場面が結構あります。
四谷通イラスト塾 本山校

37. 書道

「別に字なんてうまくなくても、プリントアウトしたもので十分じゃない?」
いえ、デジタル全盛のこの世だからこそ、字がうまいことが引き立つのです。
いわゆる「道」とつくものは、日本古来のもので形だけではなく、そこに精神が宿っています。
姿勢もよくなり、集中力がつくのもこの習い事のいいところです。
そして、結婚式やお葬式などの記名のときに恥をかかなくて済むというメリットもあります。
(身につまされているパパママもいるのでは?)
幕田魁心 東京教室

38. いけばな

いけばなは、四季のある日本だからこそ育まれた文化です。いけばなの中に四季折々の自然がコンパクトに、ミニマムに再現されます。
将来の国際人には、海外でもIKEBANAとして知られている文化。
知らないと恥をかいちゃうかも?
草月流いけばな教室

39. 茶道

お茶の所作は、知って置いて損になることはありません。
なぜなら、大人になったときに旅行先などでお茶をいただく機会があります。
何もわからなくてお茶碗を何階回したらいいんだろう?とか思ったことはありませんか?
そんなときに、分からなくてドギマギしてしなくて済むからです。
帛紗(ふくさ)、懐紙(かいし)、茶杓(ちゃしゃく)、茶筅(ちゃせん)などの単語を少しでも知っていることは、大人になってからの自信につながります。
波平庵茶道・華道教室 東村山教室

40. 料理

食べることは生きることです。
食べることを人に依存したままにならないように、男子も女子も自分の体は自分で守れるスキル=料理ができるスキルをつけてあげることは、間違いなく一生の財産になります。
その前に、おうちレストランのシェフになってお招きいただいたという話も聞きます。
子供に作ってもらうご飯の味は最高です!!
何よりもその気持ちが最高のご馳走です。

HORIO COOKING SCHOOL”

41. 水彩画

小学校でまず買う図工の道具は、水彩絵の具です。
少しコツを知っているだけでも、うまくかけるので、子供的にも鼻高々です。
菅沼アトリエ 阿佐ヶ谷絵画教室

42. 陶芸

陶芸療法士というのがあるくらい、土に触れるというのは癒しなのです。
癒しもさることながら、粘土に触れて造形するのは、無心になれて子供も大人もとても楽しいのです。
親子で習える教室もあります。
ロイヤルアートスクール

43. 油絵

油絵って、そろえる道具が多くてなかなかハードルが高いのが実情です。
でも、教室で始めれば、道具がないところからスタートできます。
憧れを憧れのまま終わらせない、それも親のやってあげられる事のひとつです。
美学館デッサンスクール

44. デッサン

デッサンはすべての絵の基本になります。
自分が子供の頃、絵が上手いことをとてもうらやましいと思ったことはありませんか?
絵が上手いと、友達にリスペクトされることって、子供の世界の中では結構多いんですよね。
マサ モード アカデミー オブ アート

語学系

語学

45. 英会話

もはや、「人生の必須スキル」といっても過言ではない英会話。
習っておいて損をしたという話は聞いたことがありません。
2020年からの大学入試では、4技能「聞く」「読む」「話す」「書く」が問われます。
また、英検やTOEIC(Test Of English International Communication:トーイック)が試験に変わりになるようです。
英会話ラウンジ アミーズ 成城学園前校

46. 漢字検定

英語も大事ですが、母国語である日本語も大事です。
私立の高校入試で漢字検定準2級を持っていると、成績表に1点プラスしてくれるところも結構あります。(英検準級も加点対象になる学校もあります)
その下地になる漢字の知識、ぜひ小さいうちから トライしてみてはいかがでしょうか?
10級からあるので、ゲーム感覚で漢字を学ぶことができます。

ペン字・書道教室 優見

47. フランス語

我が子がフランス語を話せたら、格好いい・・そう思いませんか?
フランスの文化はいちいちカッコいいので、それに憧れた子が「始めたい!」と習い始めたという話もあります。
フランセスパスエビス

48. 中国語

周りの子がやっていない言葉を、しゃべったり読めたり書けたりすることは、本人の自信になります。
中国語は特に日本に多くいる中国人とコミュニケーションが取れるため、都立の総合高校で必須科目になっているところもあります。
東京言語学院 新宿校

49. 韓国語

日本から一番近い隣国、韓国。
発音が日本語と似ているため、とっつきやすさはピカ一です。
KFJ韓国語スクール

50. ドイツ語

ドイツ語は、英語とスペリングがとてもよく似ています。
さらに、英語のように同じ「A」「エイ」と読んだり「ア」と読んだりといった読み方が違うということはありません。
ドイツ語を知っているなんて、他の子と違ってちょっといいな!と思いませんか?
ビホウ外語学院

習い事を続けることが自信につながる

「こんな習い事もあったのか!!」
時代が変わって、思いもよらぬ習い事を見つけたママもいるのでは?

「子供じゃなくて、オレがやりたい!」
なんて思っているパパもいるのでは?

一緒にやるもの実はいい親子のコミュニケーションになります。

でも、最初は楽しく通えていた習い事も、いつか必ず「やめたい」「行きたくない」で親子バトルになるときを迎えます。
避けて通ることの出来ない試練ともいえます。

スイミングを年長さんから中一まで続けた、ある中学三年生の女の子の話です。

保育園の年長さんからはじめたスイミングですが、途中でやめるやめない、入りたくないという時期がありました。
泣きながらやめると親に訴えた事も何回もありました。
スイミングプールに行くも、入らないでギャラリーで見て終わったときもありました。
先生になだめすかされながら、プールへ連れて行かれたときもありました。(若干無理矢理)


今思うと、長く続いた事は自信になりました。
学校では、小学校でも中学校でも水泳の授業は楽しく受けることが出来ました。
中学1年生のときは、体育の授業で「バタフライの泳ぎ方の手本をみんなに見せて」と先生に頼まれ、ちょっと恥ずかしかったですが嬉しかったです。


プールの授業ある時期の体育の評定(成績)は、確実に上がりました。
高校受験の評定(内申書)は、中3の2学期の成績です。
プールの授業の評価があったおかげで、行きたかった学校の推薦をとることができました。


まさかそのタイミングでも役に立つなんて思いもよらなかったので、なんだかんだ続けてよかったと本当に思いました。
また、雨の日も風の日も送り迎えをしてくれた親にもこっそり感謝しています(笑)。

結果、その女の子は、続けててよかったと話しています。
同じスイミングに通っている妹にも「続けたほうがいいよ」とアドバイスをしていました。

いかがでしたでしょうか?

ご家庭によって見解はまちまちかと思いますが、うまくいけば一生の財産になります。

全ての習い事でいえることですが、続けることは最も難しいことです。
忍耐力も根気も必要になります。
習い事で養ったそれらのものが、大人になったときに間違いなく役立ちます。

継続は力なり

「健康のためにウオーキングを始めたけれど、見事に三日坊主で終わってしまった・・・。」
大人ですら、継続することはとても難しいことです。
そのことから分かるように、継続できるという「習慣」がついているだけでも、その子の財産になります。

また、他の困難にぶち当たったときも、続けることで「どのような景色が見えてくるか?」を体感しているのは、何にも変えがたい宝物です。
やったことがある人にしか分かりません。

まさに継続は力なり。
小学校卒業までは、親子二人三脚です。
まずは、自分も見本を見せて「隗より始めよ」ということをお忘れなく。

第二次世界大戦で連合艦隊司令長官を勤めた、山本五十六(やまもと いそろく)の言葉です。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。