SCHOOL GUIDE > 日本文化 > 【日常からの逃避行】自分の食器を、自分の手で、自分の好きなように作る陶芸という習い事

【日常からの逃避行】自分の食器を、自分の手で、自分の好きなように作る陶芸という習い事

この記事は約 4 分で読めます
[更新日]2017/10/30
陶芸

陶芸というと何を思い出しますか?

ゴースト~ニューヨークの幻~
という映画で、ろくろを回している女性の背後から、亡くなった恋人が優しく抱きとめる映画がありましたよね。

そんなロマンチックな映画もあった陶芸ですが、ひそかなブームなのをご存知ですか?
このストレス社会に癒し系の習い事として、じわじわと人気が出てきているのです。

陶芸の気になる費用、体験談をご紹介!

てびねり

陶芸のレッスン費用

体験レッスンはどこの教室でもやっていて、比較的安く受けられます。

入会金が必要な教室もあります。

月謝としては、材料代こみで3000円~5000円くらいです。
10000円くらいかかる本格的な教室もありますので、自分がどこまでやりたいか?時間が取れるか?をかんがみて教室を選びましょう。

陶芸のレッスン経験談

やきもの

無心になれます

ろくろを回っている間は、無心になれます。
邪念が入ったとたん、失敗します。笑
なので集中して、土に挑みます。

集中することで普段のイヤなことなどすっかり忘れてしまいます。

陶芸に限らず、日常を忘れて集中することがあると、気分がリフレッシュされて、精神衛生上いいですね。

土をこねているときが楽しい

最初に土を丹念にこねる「前業」というプロセスがあるのですが、子供のころ、学校で粘土の工作をしたときのトキメキがよみがえりました。(笑)
なんでも、土に空気が入っているえと割れてしまうので、その空気を抜くために捏ねる(こねる)んだそうです。
ただの土が「器」という形になっていって、絵付けして、焼いて、自分のご飯を食べるときの器となるのは、本当に楽しいです。
お気に入りの器が出来ると、今度はお料理やお酒にも凝りたくなってきます。

自分で作った器がある食事は、なんでもない日常に彩を添えます。
もちろん家族にほめてもらえるともっとうれしくなってしまいます。
なので、加速してしまっている今日この頃です。

月一回通っています

ほかの習い事のように、週に一回いっていたらうちに焼き物が増えてにっちもさっちもいきません。
なので、月一回くらいがちょうどいいかなと思っています。

自分のうちの食器棚を片してからがオススメ

せっかくの作品が埋もれちゃいます。
陶芸を習っている限り、増え続けるので気をつけて!
むしろ今まであるものを処分しながら作るつもりで。
気に入ったものに囲まれて暮らすのはとても気分がいいものです。
断捨離すると、気持ちまですっきりするのでお勧めです。

粘土がひんやりして気持ちいい

当然ですが、土は冷たいです。
でも、その感触が気持ちがいいのです。

陶芸のトリビア

ろくろ

「手びねり」と「ろくろ」がある

陶芸というと、ろくろを回して器を作っていくというイメージかもしれませんが、手びねりという手法もあります。

手びねりとは、ろくろを使わないで陶器にしていくやり方です。
玉づくりと呼ばれる、粘土の塊を伸ばしていくもの。
ひも作りといって、粘土をひも状にしてそれを積み上げる方法。
掻き出しといって、粘土の塊の中央を掻き出していくもの。

いろいろな方法があるのです。
手びねりが基礎の基礎で、ろくろは次のステップです。

ろくろの歴史

陶芸といえば、まず最初に思い出すのが「ろくろ」ですね。
そのろくろですが、どれくらい昔からつかわれていたのでしょうか?

紀元前4000年頃からメソポタミア文明で現れます。
さらに、紀元前3000年にエジプト、アジア、インドと広がり、紀元前600年ころにアジアまで来ています。

では、日本にはいつごろ来たのでしょう?
豊臣秀吉が朝鮮出兵をしたときに、捕虜として連れてきたなかに職人がいて、蹴るタイプのろくろが伝わったとされています。
(ろくろは今は電動ですが、手で回すタイプと足で回すタイプがあります)
ろくろを使うことによって、丸い陶器は早くきれいに仕上がる、合理的な道具です。

スクールによっては、作品を発表する機会のあるところも

せっかく作った作品を自分だけのものにしておくのはもったいない!
教室によっては、ギャラリーで作品を発表できる機会のあるところもあります。

自分の作品だけでなく、人の作品を見ることで勉強にもなり、インスピレーションを受けます。
先生の作品をじっくり見るチャンスにもなります。
ピアノだって発表会があるのだから、どんどん人に見てもらって、人の作品を見て勉強しましょう。

陶芸はあなたを癒してくれる

器は、生活のなかでも食事の際に食べ物を盛る基本の基本の道具です。

大人の習い事は、ある意味現実逃避とも言えます。
でも、現実にばかり向き合って煮詰まるんだったら、気分転換することはむしろいいことなのでは?

気分を変えてリフレッシュした気分で仕事に挑むと、物事の見え方が変わってきて、うまく進むこと間違いなしです。

ここまで読んでしまったあなた、案ずるより生むが易し。
まずは体験レッスンからスタートしてみて判断すればいいというもの。
悩んでいないでやってみるほうが手っ取り早いです。

新しい自分に出会えること間違いなし!です。