SCHOOL GUIDE > スポーツ > 小柄な選手も世界で活躍中!バスケットボールを始めてみよう!

小柄な選手も世界で活躍中!バスケットボールを始めてみよう!

この記事は約 4 分で読めます
[掲載日]2017/12/07
バスケゴール

幼少期にはなかなかプレーすることはないのに、小学校に上がると体育などで体験し、
男女関係なく人気のスポーツが……バスケットボール!

井上雄彦氏の『SLAM DUNK』や藤巻忠俊氏の『黒子のバスケ』など、
バスケを題材にした漫画はどれも人気ですよね。
その人気から、影響を受けてバスケを始めたという人も少なくありません。

しかし「バスケって学校でやる以外になかなか機会がないんだよね」と思ったことはありませんか?
たまに大きな公園でバスケットゴールを見かけても、すでにプレーしている人たちがいると
その中に混ざってプレーしよう! という気にはならないですよね……。

じつはあまり知られていませんが、『バスケットボール教室』ももちろんあるんですよ!

バスケットボールを始めるメリット

バスケ
いきなり『バスケットボール教室』がある、と言われても、「じゃあさっそく行ってみよう!」とはなりませんよね。
バスケを習い始める前に、バスケをすることでどんなメリットがあるのか知りたくはありませんか?

バスケを始めるとこんなメリットがあります。

・協調性を養える
・背が伸びやすい
・他のスポーツより点が取りやすい
・ダイナミックな技が多く、かっこよく見える

協調性を養えるのはなぜ?

バスケは試合の際、5人対5人でプレーします。
ケガやコンディションなどで交代することも考えると、ルール上ひとチーム最大12人で構成されます。

ポジションがあるとはいえ、バスケの場合は野球などのように厳密に決められてはいないので
それぞれが自分や仲間の状況などを考えて動かなければいけません。

そのため、普段から仲間同士でのコミュニケーションが重要になってきます。
コミュニケーションをし、仲を深めることで協調性も養えるのです。

背が伸びやすいって本当?

味方にパスしたりシュートしたり……体を伸ばすため背が伸びやすいと言われています。

どうしても個人差はありますが、「体を伸ばす」という行為は健康によい影響を与えますし
成長期に「体を伸ばす」ため背が伸びやすい、とも言われています。

他のスポーツより点が取りやすい?

バスケは他のスポーツより、個々でも点が取りやすいと言われています。
それは前述したように、厳密なポジショニングではないから、という点が大きいようです。

たとえばサッカーだと、ゴールキーパーはゴールの範囲にいなければいけませんし、
フォワードならゴールを狙い、ディフェンダーはゴールを守り……とハッキリとしたポジションがあります。

「ここのポジションだからゴールを狙いに行ってはいけない」とルールで決められてはいませんが
もしキーパーがゴールを狙いに行ってしまっては他の仲間たちは混乱してしまいますよね。

ところがバスケは、5人ともシュートのチャンスがあれば点を取りに行くということができるのです。

サッカーのコートと比べたら狭いから、というのももちろんありますが、
普段のコミュニケーションで培った協調性から、
「アイツが点を取りに行くなら俺はあっちを守る!」というような瞬時な判断がみんなできるようになり
それぞれすぐにサポートができるからなのです。

チーム戦に関わらず、個人としても活躍できるスポーツはバスケの他になかなかありません。

ダイナミックな技って?

実際バスケを何年もやってみると、ダイナミックな技が多いと思われる方もいるようですが
始める前だと言葉で説明されてもピンとこないですよね。

学校の授業でやった程度でもわかるダイナミックな技といえば……
ダンクシュート!

あの技に憧れてバスケを始める人もよく聞きます。

ダンクシュートを決めるにはジャンプ力が重要で、プロの選手でもできる人は少ないようです。
だからこそ余計みんな憧れるのかもしれませんね。

やっぱり気になるデメリット……

身長差
バスケのデメリットといえば、ボールでの突き指や、選手同士が激しくぶつかるためケガが多いということ。

また、背が高い・体が大きい選手が有利になってしまうことではないでしょうか。

「私はこれ以上背が伸びる気がしないから、もうやめた方がいいのかな……」と悩んでしまう人も多いようです。
ひと昔前までは、たしかに高身長・体が大きめの選手の方が有利でした。

もちろん現在でもその方が有利だと言われていますが、最近ではプロのバスケチームの中でも
小柄な選手の育成を積極的に取り組んでいるところが増えているのです。

北米で展開されている男子プロバスケリーグの平均身長は191.7cmですが、
この中で活躍している日本人選手の田伏勇太選手は173cm、富樫勇樹選手は167cmとかなり小柄ですが
その小柄さを活かしたスピードプレーでとても活躍されています。

月謝はどれくらい?

調べてみると、月謝はだいたい3,000~5,000円くらいが相場でした。
別途スポーツ保険で1,000円、入会金で10,000円かかることもあります。

他にもバスケのシューズや、試合などに出ればユニフォーム代がかかります。

シューズは4,000円前後。
ユニフォームはチームでの発注なので、レンタルできる場合もあれば、買う場合は6,000円ほどかかるようです。

今のバスケは、小柄な人でも活躍のチャンスあり?!

バスケゲーム
「背の高い人が活躍しているから……」と諦めがちだったスポーツのバスケも、
小柄な選手が活躍していると聞くと、「自分も活躍できるかも!」と自信が湧いてきますよね!

実際活躍している選手を見るととてもかっこよくステキに活躍しています。
「自分もあんな風にかっこよくなれるかも⁈」とちょっとミーハーな気持ちで始めてみてもいいかも⁈